<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ポアロのためにつくったもの | main | ふりかえってみたら >>
きつね

JUGEMテーマ:日記・一般

ポア太がいなくなる数ヶ月前から

私は病気になり、療養のために家をあけたりしてたんだけど

なんとか、愛媛で治療つづけれるかな?って時に

ポアロは症状が一気にではじめました・・・・

本当に、それまでまっていてくれたのか・・・・・

治療のため、仕事も長期休暇をとっていて、たまたまポアロのために

全力でお世話してあげられた。

 

まっていてくれたのか・・・・・

なんなのか?

わからないけど、本当に、この時期でなければ、ちゃんと後悔なくポアロを見送ることはできなかったと思う。

 

 

そして、火葬するってこと・・・

 

昔ブログに書いたか?書いてないか?わからないけど・・・・・

夜、車だしてたら家から50mくらいでたところで

 

柴犬が車にひかれている!

 

と、思い、車を止めて近寄ってみたら(姪っ子の柴犬が脱走事件をよく起こすので、ええ!!!と思った)

 

もんのすごいきれいな狐だった・・・・

 

それはそれは昔話の絵本にでてくるような・・・・

そして、息はしてないけど暖かくて。。。。

頭を打ったみたいで、傷らしい傷はないけど、頭と目から血がながれていて・・・・

これ以上、ここにいたら何度も引かれてしまう

と、思い、、、、

自宅から手袋と(今思えばキタキツネではないから感染はなかったかも)ビニール袋をもってもどり

たまたままだ夜おそくまで農作業をされているおうちの前だったから、おうちの人に声をかけ

ここにこの子を置かせてほしい、捨てないで!と頼んで、用事をすませてダッシュでもどって

自宅の庭に、穴を掘り埋めて、お線香をあげました。

穴を掘るとき、遅く帰ってきた旦那に手伝ってほしいと頼んだんだけど

なにをやってるんだ?保健所にいえ

みたいにいわれてしまい。。。しょんぼり、箱をさがしてたら

旦那がスコップ(でかいやつ)もってきて、「ちょっと見ていい?」と、、、狐がはいっているビニール袋の中をのぞき込んだとき・・・・

「きれいな子やな・・・・」

と一言いい、、、、

一緒に穴掘ってくれました(怪しい、、、22時ころ庭先に穴掘る夫婦・・・)

 

二人でお線香をあげ、手を合わせて、、、

ごめんねってあやまった。。。私ではないけど、車を運転する人なら出会ってしまうこと・・・(狐はまれでもね)

思えば、娘の飼っていたハムスターと、うさぎのポポさんがいるところの近くに、寂しくないよって埋めてあげたんだけど。。。

そこをドッグランにして、お花植えたり、時折仲間(犬と狐って仲間かな?)が行き来してると

安らぐのかな?

と思って、普段は、法令があるのでドッグランっぽくはないけど

ときどき、うちの子、そして我が家に関わったすべての命の子に解放して楽しめる場所になるといいかな?

 

そうやって、土葬?

してきた我が家なのだけど、ポアロがなくなったとき

どうするのか?っていうのは、決めていませんでした。

旦那は「剥製にして永久に残したい」というのをよくいってました。

私はいなくなることが想像できなくて考えられなかった。

・・・・MRI後

ポアロは長くない

どうするのだ?というのが私の中の問題になり

実家の海くん(柴犬)は、実家の山に埋められました。(父のうちの犬はうちに残す)という考えで・・・

私は当時、療養中だったので、知らない間に海くんはいなくなってました・・・・・

 

 

ポアロはどうする?

 

当時、姪っこが本当に私のことを心配し、ポアロのことを心配し

毎日、毎日きてくれてました(就職したばかりで、彼女自身も本当に大変な時期だったとおもう)

その姪が

「(自分ちの犬は)ちゃんと、火葬してあげて、お見送りしてあげたいとおもってる」

と、きいて。。。

私は、ポアロの姿が焼かれることもつらくて、怖くて、、、、

ポアロっていう形がいなくなることが怖くてしかたなくて

ポアロが好き大事っていう気持ちが、どうなっていくのかも不安で

どうするのか?

って悩んでいたんだけど、火葬して、同じお墓にはいってもらう

ってことを選びました。

火葬しないと、お墓に入れないのだけど、、、、

 

火葬して、、、でてきたぽっくんは、ぽっくんだった。

 

人間でそんなこと一度もおもったことなかったけど

たぶん、いれかえられてたら

これはうちの子ではない!

といいきれるくらい、ぽっくんだった。

ので、できるかぎりのお骨をひろって、かえってきました。

 

 

いずれ。。。私と同じお墓にはいってもらうつもりです。

 

ほんとうは・・・

ポアロはもう、うっとうしいくらいスキスキいわれてて

お墓くらい別にしてっておもってるかもしれないけど〜〜〜

 

いまでも、ポアロの遺骨をベッドにもっていって一緒にねて

朝おきたら、お位牌のところへ戻し、ろうそくとお線香をあげています・・・・

 

コナンとドイルもいて、幸せ。

それは本当にしあわせ。

でも、ポアロがいないっていうのは、なんだかまだ寂しいのです。

 

 

 

| わんこ | comments(2) | - |
コメント
わんこって、自分が虹の橋をわたるときを 自分なりに考えてる&わかってるらしいって聞くよ。飼い主のことを 思ってると聞くけど・・
うまくいえませんが。。

飼い主と気持ちがリンクしてるような気がしませんか?

ぽっくんは、しっかり あいさんのことをみていて
ぽっくんなりに かっこよくすごしていったんじゃないかと思います。

きっと、あいさんは、広いお家 土地にがあるから
火葬ってことがうかばなかったのかな?
わたしは、手乗りのセキセイインコを飼ってましたが。みんな火葬してもらい 骨もひろい しっかり骨壺にいれて 最後のノエルちゃんのは、(3年前にお星さまに) おいてます。
毎日、お水をえさをあげてますよ。

あいさんも〜 なんか、本当に 色々あったんだね。
くれぐれも、おからだ大切にしてくださいね。
また、ご結婚したんですね?おめでとうございます。


| satomi | 2016/09/22 3:15 PM |
*****satomiさん*****
いろいろ本当に本当に、ありがとうございます。
言葉が心に沁みます。

火葬するときに、ポアロが焼かれてしまうというのが怖かったんです。
今は、いずれ、私と同じところにはいってもらおうとおもっているので気持ち的には良かったと思っています。
私も、お水とご飯とお花をかかさないようにしています。

satomiさん、インコちゃんもいっしょにいたのですね。
先日、小桜インコに惹かれてしまい。。。
あと一歩で迎えてしまうところでした。

旦那さんと暮らしています(笑)
いっぱい扶養家族いて迷惑かけてますけど(こざくらさんも増えそうだったし)いい人です。
| あい | 2016/09/23 8:33 PM |
コメントする